冷蔵庫 引っ越し 費用

冷蔵庫の引っ越し費用が安い業者を探し出す方法

引越し 冷蔵庫 安い

引越し 冷蔵庫 激安

引越し 冷蔵庫 格安

引越し 冷蔵庫 相場

 

家電の中で一番運ぶのが大変なのは、冷蔵庫だと思います。
大きさもさながら、問題はその重さです。
ファミリータイプの冷蔵庫は中身が空っぽでも100kg近くありますので、簡単に持ち上げることはできません。

 

自分で運んだことがありますが、狭い廊下を抜けて段差のある玄関を超え、借りた軽トラックの荷台に乗せるまでに友人に手伝ってもらったにもかかわらず1時間以上かかりました。さらに、軽トラックを運転するときに冷蔵庫が倒れるのではないかという恐怖も加わります。
そして新居でも床や壁を傷付けないように気をつけながら、定位置まで冷蔵庫を運ぶわけです。

 

冷蔵庫の運搬は、手慣れている引越し業者にお任せするのが一番です。
部屋の保護(養生)もやってくれますし、なんせ手際が良く時間もそんなにかかりません。

 

しかも引越し業者は一括見積もりができます。

 

引越し 冷蔵庫

 

簡単に相場や最安値の業者を見つけることができます。
大手から地元の引越し業者まで200社以上が参加しており、最大で10社からの見積もりが届きます。

 

冷蔵庫だけを運搬してもらうのは申し訳ない気がするかもしれませんが、そういう依頼は結構多いので対応してくれる引越し業者もあります。
お気軽にご利用ください。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

冷蔵庫を運ぶ手順を教えます。

冷蔵庫は家電の中で一番運びにくいのではないでしょうか?
大きい、重い、そして高額なので、雑に運ぶこともできません。
重さは大きなものになると100kg前後あるので、素人が運ぶのはとても危険です。

 

冷蔵庫を運ぶ手順

@中身を処分する。
Aコンセントを抜く。
B中の水、霜が解けた後の受け皿の水など拭いておく。
Cドアが開かないように固定する。
D冷蔵庫の下に毛布などを滑らせて移動する。引越し業者は専用のキャリーやベルトを使うこともあります。
基本的には横倒しにしないほうがいいです。

 

冷蔵庫は大きいので、場合によっては廊下や玄関を通過できないことがあります。
廊下や玄関が狭い場合は、ベランダから出し入れを行います。はしごを使って吊り上げたり、クレーンで吊り上げることもあります。

 

いずれにしても、廊下を通れないと感じた時は早めに引越し業者に相談しておきましょう。
当日になって、通れないとなると追加料金が発生することもございますので、ご注意ください。

 

 

引越し業者の手順

 

引越し 冷蔵庫 手順

 

引越しの手順を知っておくと、だいぶ気分が楽になります。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めてしまいたいと思いますね。
しかし引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるため、新居が決まらないと正確な見積もりを出すことができません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

次に荷物ですが、いらないものは引越し前に処分しておきましょう。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となり、費用が高くなるのです。
不用品はどんどん売ったり・あげたり・捨てたりして荷物を減らし、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。
引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに前の役場に戻るか、連絡をして書類を郵送してもらい再び送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になったら、電気・ガス・水道業者に連絡して引越し日までの費用を日割りで精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡をしてください。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたら郵便物が届かなくなったというのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日荷物の運送は引越し業者におまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと大変便利です。
しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものや見られたくないものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内の引越しなら転居届、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更を連絡してください。
放置すると大事なお知らせが届かなくなったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

車の引越し

 

車の運搬引越し

 

引越しの時に少し困るものの中に、車の引越しがあります。
近距離であれば問題ありませんが、遠距離の時には引越しで疲れた体で遠距離を運転するというリスクを負うのは怖いと思いませんか?

 

引越し業者に依頼すれば、オプションで自動車の陸送サービスがありますのでそれを利用したという方も多いです。
車の引越しをした方の約1割で、陸送サービスを依頼したことがあるそうです。
例えば運転できる家族が2人いて家族4人で引越しするというなら、遠距離であっても自分で運転して移動したほうがお得と言えますね。
4人分の飛行機代や新幹線代がかかるからです。

 

しかし運転できる人が1人、移動するのも1人であれば陸送サービスで移動してもらって自分は飛行機た新幹線で移動した方が、安全で楽だと言えますね。

 

また運転に自信がない、高速道路をあまり運転したことがない、年齢が高いなど運転そのものに不安がある方は、陸送サービスがオススメです。
長距離の運転は運転が得意で上手な人でも、やはり疲れて注意散漫になったりします。
もし事故にでもあったら元も子もありませんので、状況によって利用するといいと思います。

 

 

 

家具家電だけを運ぶ

引越しの時に、同じ市内であれば自力で引越しできないものか考えると思います。
大きなものがないのであれば、自家用車で何度か往復すれば引越しできると思いますが、大きな家具や家電がある場合は難しいですね。

 

レンタカーを借りたらなんとかなるかも・・・と思うかもしれませんが、冷蔵庫を素人が運ぶのはかなり危険ですし、たとえ運び出せたとしても軽トラックの荷台に乗せて安全に新居まで運べる保証はまったくありません。
冷蔵庫や洗濯機などの高価な家電は、引越し業者に依頼しましょう。

 

引越し業者には大きな家財だけを運ぶサービスを行っているところもあります。
一括見積もりでも探すことができますよ。

 

大きな家財だけを運んで欲しいのであれば、まずは複数の業者から見積もりを取ってみて比較してみましょう。
レンタカーを借りるのにも、1日7000円〜10000円はかかります。
そして大きな家財を運ぶなら、友人や知人が何人かは欲しいですが、手伝ってくれる方はいますか?

 

自力引越しは安いイメージがありますが、お礼の品やお弁当、お茶なども必要なので結局お金がかかります。
そんなに費用が変わらないのであれば、手際の良い引越し業者に依頼してしまいましょう。

 

 

ピアノの運搬

ピアノ配送安く

 

冷蔵庫は一般の引っ越しでも扱いますが、ピアノはそうではありません。
ピアノの引っ越しは冷蔵庫や洗濯機などの運搬ほど簡単ではないのです。

 

実はピアノの引越しは普通の引越しでは扱ってくれません。
ピアノやエレクトーンは重さが100kg近いものも多いうえに何十万円もする高級な楽器なので、小さな引越し業者は扱うのを敬遠します。
万が一破損した場合に補償ができませんので、扱っていない会社もあるのです。。

 

ピアノの運搬はピアノの運搬専用会社が行ってくれますが、引越し業者とは別にわざわざ連絡しなければなりませんし、費用もやはり高額です。

 

しかし最近では引越し業者の中にもオプションでピアノの運送を行っている会社もあります。

 

専門業者に依頼するよりは費用が安いですし、ピアノ専用のスタッフが運びますので安心です。
ピアノは大きいためどこから運び出すのが一番いいのかを訪問見積もりの際にシュミレーションしてくれます。

 

廊下や玄関を通らない場合は、ベランダから吊り上げての搬送になります。
一度確認しておいてもらうことで、当日の作業がスムーズです。

 

そしてピアノは大変重いので、自分で場所を変えたいなんて思っても動かすことが出来ません。
新居のどこに置くのか考えて、下にカーペットを敷きたいのであれば前もってやっておきましょう。
引越し業者のピアノ運送では希望があれば調律もしてくれますので、疑問があれば何でも聞いて確認しておきましょう。